「新世界」108篇



今が幸せで今日が最期でないのなら僕は働けない
今が頂点で今日で終わらせられないのなら僕はしない
明日を生きるなんて話にならない










その角度で観ればすぐにわかることがわからないのなら
何かを一つ消してみて少し角度が変わるから
少しの覚悟はつながって続いていく
つながって続いていくとその場所がみえてくる
理解という安心を伴いながら
理解という智恵を携えながら
君はもう理解した
君はもうつながった










それほどの熱いものがあるのなら
それは沈黙と同一である
それほどに高ぶるのであれば
それは沈黙と同等の価値である
沈黙の中にしか真実はないのであれば










人生を終えるには君が必要だ
人としての役目を降りるには君が必要だ
今ならストレートに言える
君が必要で君が人生のゴールだと








このページのトップヘ